le fleuve

Chocolatier Koudai Uegaki

le fleuve(ルフルーヴ)は、ショコラティエ上垣河大の工房です。
完全手作りにこだわり、ひとつひとつ丁寧に美味しいお菓子を作り上げていきます。

​ルフルーヴのショコラメニュー

1

ハチミツマロン: 「栗」のハチミツを使ったプレーンなミルクガナッシュ。

2

ハチミツパッション: 「栗」のハチミツとパッションフルーツを合わせたガナッシュ。フレッシュな香り。

3

ハチミツフランボワーズ: 軽やかな「たら・はぜ」のハチミツと甘酸っぱいフランボワーズの爽やかなガナッシュ。

4

ハチミツシトロン: 「たら・はぜ」のハチミツと国産の減農薬レモンのガナッシュ。表面にはバジルを散らして。

5

ハチミツアマンド: コクのある「栗」のハチミツと、ローストしたアーモンドを合わせた、まったりとした口どけのガナッシュ。

6

ハチミツゴルゴンゾーラ: 「たら・はぜ」のハチミツに DOPゴルゴンゾーラチーズを合わせた、ミルキーで濃厚なガナッシュ。

7

プラリネアマンドノワゼット: イタリア産パルマギルジェンティ種のアーモンドとピエモンテ産の繊細なヘーゼルナッツのプラリネ・プレーン味。

8

プラリネシトロン: アーモンドプラリネを国内産の減農薬レモンで爽やかに。

9

プラリネそば: アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネに、そばの個性的な風味。表面にはそばの実を。

10

クロワッサンプラリネ: アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネにフランス産小麦を使った自家製クロワッサンを加え、ざくざくとした食感に。

11

ほうじ茶プラリネ: 自家製のアーモンドのプラリネに兵庫県神河町にて享保元年(1715年)から栽培され始めた「仙霊茶」という自然栽培のお茶を合わせました。

12

プラリネアマンド: アーモンドプラリネにビターなノワールのショコラをコーティング。

13

仙櫻: ル・フルーヴ工房のある兵庫県養父市大屋町が守り続けてきた銘酒『仙櫻』をふんだんに使用した、ボンボン・オ・ショコラ。『仙櫻』は、兵庫県最高峰氷ノ山のブナの原生林から流れる水と養父市大屋町で有機無農薬栽培した米のみを使っています。かつて日本一のスズ鉱山として栄えた大屋町明延(あけのべ)鉱山の坑道跡にて約半年間かけてじっくりと熟成することにより、まろやかでフルーティな香りへと変化します。伝統を守り続ける杜氏の確かな技術によって生まれる美酒は入手することも難しく、幻の銘酒といわれています。

14

ラクテナチュール: ル・フルーヴ オリジナルブレンドのプレーンタイプのミルクチョコレート。仙櫻ショコラの味をよりお楽しみいただけるようにお口直しにご用意しました。

15

ルビーカカオとライム: 薫り高いイタリア・パルマギルジェンティ種の自家製アーモンドプラリネに国産ライムのゼストが爽やかに香ります。フルーティなルビーカカオと苺の艶のあるコーティングは、眺めているだけでうっとり。ぜひ視覚からもお楽しみくださいませ。

16

プラリネピスターシュ: リッチなピスタチオのペーストと自家製アーモンドのプラリネ。ナッツのしっかりとした濃厚さの中に、自家製クロワッサンのさくさくの食感とバターの香りも相まって、より豊かな味わいに。ルビーカカオのショコラと交互に食べることで、新しい味わいも楽しんでいただけます。

17

醤油プラリネラクテ: もろみをローストしてイタリア産・パルマギルジェンティ種のアーモンドと一緒に自家製のプラリネに。ミルクチョコレート仕上げ。

18

醤油プラリネノワール: もろみをローストしてイタリア産・パルマギルジェンティ種のアーモンドと一緒に自家製のプラリネに。フルーツのような華やかな香りの変化を楽しんで。

19

干し草の香り: 草原で牛が美味しそうに食べる干し草をイメージしたショコラ。

20

ハチミツとグリーンアニス: 上質なグリーンアニスと自家農園「麦畑自然農場」の「たらはぜ」のハチミツを合わせたショコラ。

21

ハチミツとコリアンダー: オーガニックコリアンダーと自家農園の「ハチだけの仕事」蜂蜜を合わせたショコラ。

22

シトロンとセロリ: 愛媛県中島産、無化学肥料栽培のレモンとセロリを組み合わせたショコラ。

23

ハチミツ 栗ノワール: 自家農園「麦畑自然農場」の「ハチだけの仕事」、栗のハチミツを使ったシンプルなガナッシュ。

24

ルビーとライム: 愛媛県大三島産の減農薬栽培のライムを使ったガナッシュにルビーショコラ、いちごの組み合わせ。

ゆずコンフィ

ゆずコンフィ: 自家農園で有機無農薬栽培しているゆずの収穫をして皮をむき、シロップ濃度を少しづつ上げていき、7日間かけてゆっくりと染み込ませていきます。ゆずの皮がシロップを吸い、透き通るようになったらシロップをきり、1日から2日かけて乾燥させます。それからル・フルーヴ・オリジナルブレンドのショコラで薄くコーティングして仕上げました。

トリュフカシス

トリュフカシス: ベリーと蜂蜜の組み合わせの美味しさに感動した修行時代の思い出をショコラにしました。自家農園・麦畑自然農場の『ハチだけの仕事』ハチミツとカシス、ショコラノワールと自然の香りがするさくらんぼのリキュールを合わせた複雑な味わい。口に入れた瞬間から余韻まで味わいの変化をじっくりとお楽しみください。冷蔵庫で冷たく冷やして食べるのがシェフのお気に入り。

 
Follow Us!!

Instagram: lefleuve_

Facebook: lefleuve

  • Grey Facebook Icon
 
NEWS

​メディア情報

・サンテレビ「午後キュン」 2016/04/09放送 

大屋町特集の中でle fleuve工房・当店シェフもご紹介いただきました。

・神戸新聞社「奥さま手帳」 2017年5月号に掲載いただきました。

・雑誌「SAVVY」 2019年2月号

le fleuve工房の様子や、

​シェフの思いをじっくりと3ページも掲載いただきました。

https://www.lmagazine.jp/savvy/

・朝日新聞 2019/01/07 醤油蔵・大徳醤油とのコラボレーションショコラ

・毎日新聞 2019/01/10 醤油ショコラ 洋と和の店が共同開発

https://mainichi.jp/articles/20190110/ddl/k28/040/332000c

・マイナビニュース 2019/01/22 

「サロン・デュ・ショコラ2019」が開幕! 過去最多112ブランド集結

https://news.mynavi.jp/article/20190122-salonduchocolat/

・フジテレビ「めざましテレビ」 2019/01/23放送

​ルビーカカオのショコラ「エタンセル」をご紹介いただきました。

・日本経済新聞 2019/1/26  NIKKEIプラス1  

「バレンタインにチョコっと和の酒入り」 日本酒ショコラランキング第3位https://style.nikkei.com/article/DGXMZO40363600T20C19A1W03000?channel=DF290120183394

・ABCテレビ「キャスト」 2019/02/06放送

醤油のもろみを使った「大徳醤油ショコラ」をご紹介いただきました。

・雑誌「SAVVY」 2019年4月号

当店のトリュフカシスとムラングショコラを掲載いただいています。​

・製菓業界紙「製菓・製パン」2019年4月号 洋菓子特集

《自由なスタイルで里山から世界へ》

ショコラティエ上垣河大の自然派レシピ

http://www.seikaseipan.com/mokuji.html

当店の取り組みを特集していただき、なんと!15ページも掲載いただいております。

・料理通信 2020年2月号 100人のお菓子作り

​「店を構えない菓子職人たち」として2ページ掲載いただいています。

https://r-tsushin.com/magazine/

・日本テレビ「バゲット」 2020年4月20日放送

https://www.ntv.co.jp/baguette/

「スイーツジャーナリスト 平岩さんオススメ お取り寄せ限定スイーツ」

​で山椒タブレットをご紹介いただきました。

シェフのきまぐれ不定期便vol.23

​.​     終了しました

今回の内容は・・・
・今年もこの季節!毎年人気です。 長野県産・減農薬プルーンのタルト

・ショコラ 2種・2個ずつ

・季節のコンフィチュール あんずのコンフィチュール

・ルフルーヴの朝食グラノーラ

・お楽しみ焼き菓子orショコラ

今年も、美味しいプルーンが

長野県佐久穂町の穂のぼの農園さんから届きました♪

​季節のご馳走を是非ご賞味ください。

  →今回もたくさんのご注文をありがとうございました。

   次回もお楽しみに。

当店のご予約・最新情報を

優先的にどこよりも早くにご案内!

​お問い合わせも可能です。

当店LINE、是非ご利用ください

今後のバスチー&クッキー缶のご予約日

こちらの2商品につきましては

ご予約が立て込んでおりますので、

月に1度のご予約日を設けております。

お届け日時指定は備考欄よりお知らせください。

*バスクチーズケーキ  9/18(金) 20:00〜

https://store.koudaiuegaki.com/items/19091678

*le fleuveのクッキー缶   9/24(金)  20:00〜 

https://store.koudaiuegaki.com/items/20041079

いずれのお品も予定数に達し次第、ご予約受付終了となります。

​ご予約開始前には、当店LINE会員様には優先的にご案内しております。

https://lin.ee/ot5eXFb

2020年 5/2〜5/6 チャリティ・ショコラ       ご参加ありがとうございました

新型コロナウイルスの最前線で活動していただいている

医療機関のサポートをしている

ピースウインズジャパンに167,624円を寄付いたしました。

チャリティショコラへのご参加、ありがとうございました。

le fleuveのお菓子、こちらでも購入いただけます。

le fleuveのショコラは、以下のお店でもお取り扱いいただいています。

オーベルジュ豊岡 1925(兵庫県 豊岡市)

le fleuveのコンフィチュールは、不定期ですが以下のお店で販売しております

129bakery (兵庫県 丹波市)

※すべてのラインナップのお取り扱いではありませんので、

在庫状況も各店にお問い合わせの上、お出かけください。

le fleuveで社会科見学できます

ー 不登校の子どもたちの為に、何かをしたいとずっと考えていました ー

僕も、小学校高学年から不登校時代がありました。

学校に行かない時間は辛いものでした。

紆余曲折はありましたが

それでも、今こうしてショコラティエとして独立して

自分のブランドを持つことができました。今年で5年目です。

いま不登校の子どもさん、

どう接したらいいのか悩んでいる親御さんを対象に

le fleuveの社会科見学はじめます。

僕自身も、かつて不登校時代に

元不登校児の庭師のお兄さんに出会ってとても励まされました。

今度は、僕の番です。

僕の経験や 僕の今の仕事について知ってもらって

少しでも励みに、きっかけにしてくれたらうれしいです。

<開催について>

・不登校の本人 もしくは親子。もしくは親のみでの申し込みも可。

・参加費は無料。

・開催場所は、le fleuve工房内。一日1組限定。

・日時は電話かメールにて応相談だが、基本的には午後の2時間程度

・基本的には工房や仕事の見学をしながら、今までの体験などを話して交流する。希望があれば職業体験もできる。

    Pop-upイベント、出店のご依頼、商品のお取り扱い、

     取材のご依頼などについては、こちらからどうぞ

Please reload

Profile

私の父は、循環型農業を基本とする無農薬有機栽培の農園「麦畑自然農場」を営んでいます。
 農園の鶏たちは、人間が口にしても安全な餌を食べ、山からの流れる清らかな水を飲み、ストレスのかからない平飼いで暮らしています。畑では、その鶏糞を発酵させて作った肥料を必要な時期に必要な分量だけを与え、野菜や果実の顔色を見ながら育てています。

 そこで生まれ育った私は、幸いにも、本当に美味しい食材が、どれほどの手間と知恵と愛情を注がれて生み出されるか、暮らしながらに学びました。

修行時代には、ショコラの奥深さに触れました。
 
ボンボン・オ・ショコラの艶のある薄いコーティング、ガナッシュの滑らかさ、プラリネの食感、ショコラの口溶けを決めるカカオバター結晶の繊細な調整…。

 お客さまの目に触れ、口に入り味わっていただくまでの一連の流れを、ショコラティエがいかに明確に掴み正確に素材をコントロールしていくか、その術を身につけました。

ショコラの伝統は、研ぎ澄まされた感性を持つ先人たちが、練磨に練磨を重ね、人々に喜びをもたらし続けた歴史だと私は解釈しています。
 良質な食材の長所を最大に引き出し、お客さまに届けるために、伝統的な技法を重んじながら、独自のアイデアと手法を臆することなくミックスしていく。それがいつかの日か、新しい伝統となって受け継がれていく—そんなショコラ作りを、私は目指しています。

上垣河大/うえがき こうだい…1989年兵庫県養父市生まれ。中学生の頃から家業である農業・養鶏・養蜂の仕事を始める。
2009年、洋菓子マウンテン入店。お菓子とショコラを基礎から学び、2012年からはショコラを任される。2014年に独立。毎年ジェイアール京都伊勢丹にて開かれるショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ京都」には自身のブランド、ルフルーヴ(le fleuve)として、2016年から出店を続けている。ショコラのコンテスト、ジャパン・ベルコラーデ・アワード2017では最終審査進出、入賞。2019年より、「サロン・デュ・ショコラ東京」での出店
。次世代の若手ショコラティエとして活躍を期待されている。

 
 

Contact Me

オンラインショップにない商品のご購入やギフトセットのご注文、

Pop-up出店のご依頼などをご検討の方は、

下記よりご相談ください。

事前にご予約をいただきましたら、

工房でのお渡しが可能です。​

​メール・お電話よりお問い合わせくださいませ。

 

また、取材のご依頼もこちらからご連絡ください

ルフルーヴ(le fleuve) 上垣河大
〒667-0321
兵庫県養父市大屋町蔵垣947 
Email: info@koudaiuegaki.com 
Tel: 050-5217-5675 / Fax: 079-669-0776

©ルフルーヴ(le flueve)