シェフ イン レジデンス @大屋大杉

October 24, 2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の料理の説明をしてくださる

神戸のコム・シノワ

荘司索シェフ

 

 

 

 

 

 

一昨晩と昨晩は、

le fleuve工房のお隣の集落にある

お宿 大屋大杉で開催されていた「シェフ イン レジデンス」にお邪魔しに。

(今回は参加者としてではなかったのですが。)

 

この企画は、全国から毎回違うシェフをお招きして

若手の料理人たちと共に但馬の生産者を巡り

その素材を使って新たな料理を創作してゆくというプロジェクト。

今回で3回目の開催ですが、

毎回、豪華なシェフの方がお越しになるので

個人的にとても楽しみにしている企画です(私はもちろん食べる専門です!)

 

若い料理人のみなさんには、3泊4日みっちりと大先輩のシェフと共に過ごせるという・・・

とても良い経験になるでしょうね。

また来年の2月か3月にも大屋大杉で開催されるかも、とのことです。

私も楽しみにしています!(もちろん食べる専門ですが・笑)

 

 

昨晩いただいたコースをご紹介。

 

 

 

 

但馬の秋の味覚が

ぎっしりと詰まった

たっぷりのコース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の棒状のものが

いちじくの葉で包んで

焼いた鹿のお肉。

 

いちじくの葉は、

とても甘い香り。

あんなに葉も芳しいとは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜。

 

上の画像の鹿肉が

スライスされて

左手前側の

鹿のローストに。

 

いちじくのジャムも

添えてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナスのステーキの上に

なまずのフライ。

イタリアンなソースに

ブータン唐辛子というのが

添えられていました。

私は個人的にはこちらのお皿が

一番好きでした!!

(でもどれも本当美味しくて

久しぶりに、夢中になって

お食事をいただきました。)

 

 

ブータン唐辛子、旨味があって美味。

西村農園さんに

種を分けてもらいに行こうかな。